新型インフルエンザ対策(命を守る) > 日本の行動計画 > 新型インフルエンザ発生時の対応

新型インフルエンザ発生時の対応

日本国以外の他の国で新型インフルエンザが発生した場合、

新型インフルエンザが発生したことを宣言し、政府は新型インフル

エンザ対策本部をたちあげます。

空港や港での検疫を強化し、感染した人が入国しないように

監視して国内に侵入しないようにします。

もし、国内に侵入してしまったら、ウイルスを広げないために

封じ込めをするために、行動を制限する自粛を求めます。

封じ込めに失敗した場合には、感染場所が広がっていきフェイズ5

になり、時間とともにすぐにフェイズ6になると非常事態宣言が

出されます。

こうなると、他の国もパンデミックとなり世界同時多発の状態

となります。

他の国からの援助は受けられないと思います。

カスタム検索
SPONSORED LINKS
:携帯からも見れます
QRコード
This website is powered by Movable Type 3.17-ja Br@ve.